遺伝以外でもわきがになる|生活習慣に問題がある

婦人

においの悩み解決法

腕を上げる人

セルフチェックで見分け

汗をかく季節になると、ワキが臭うと気にする人は多いと思いますが、自分の脇汗の臭いが必ずしもわきがであるわけではありません。わきがの人には体質に特徴があります。まず耳垢の湿っている人です。一般的に欧米人は日本人より体臭がキツイとされています。これは耳垢の乾湿とも関係があり、欧米人では湿った耳垢の人が9割を超えます。一方日本人では乾いた耳垢の人が8割以上で、これらの人たちは体臭があまりないという体質を持っています。体臭がキツイ湿った耳垢体質の人が少数派の日本では、どうしてもわきの臭いが目立ってしまうのです。もうひとつは衣類のわき部分が黄ばむかどうかです。白い衣類を着用していると、わきの部分がだんだん黄ばんでくるということはないでしょうか。もしそのような人はわきがの体質である可能性が高いです。黄ばみの原因はアポクリン腺から出る汗です。汗にはエクリン腺とアポクリン腺から出る2種類があります。エクリン腺から出る汗は臭いがあまりしません。一方アポクリン腺からでる汗はにおい成分を多く含み、少し粘り気があるのが特徴です。湿り気のある耳垢が粘り気があるのも、耳の中にこのアポクリン腺が多くあるからなのです。さらに、臭い成分だけではなく色素成分も含まれているために衣類に黄ばみが出るのです。実はアポクリン腺は全身にあるわけではなく、耳の中、わきの下、陰部など限られた場所にしかありません。つまり耳の中にアポクリン腺が多く耳垢が湿っている人は、わきの下にもにおい成分や色素成分を多く含む汗をかきやすい、ということになるのです。

いろいろな対処法

わきがはなかなか人に相談できず、一人で悩んでいる人も多いかもしれません。しかしわきがの治療法は意外にいろいろあり、自分に合った方法が見つかるかもしれないのです。一番手軽なのは塗り薬や飲み薬などでの治療です。残念なことにわきがの臭い予防には、一般的な制汗剤はあまり効果がありません。塗り薬では、薬局などで手に入る塩化アルミニウム液成分のローションなどが有効です。また飲み薬では、こちらも薬局での処方になりますが臭化プロバンテリン系の内服薬があります。汗の分泌を抑えることによって、臭いを軽減することにもなります。どちらも手軽な治療法の一つになりますが、副作用などもありますので体質に合うか見極めが必要になります。また電気針脱毛の際に一緒にアポクリン腺を壊してしまう治療法もあります。わき脱毛とわきが治療を同時に行うことができるというメリットがあります。しかし電気針脱毛は痛みを伴う場合もありますので小さい部分で試してみることも必要です。直接原因を取り除くには手術という選択肢もあります。直視下手術法と呼ばれるものが一般的で、わきの下を切り開いてアポクリン腺を目で確認しながらひとつひとつ除去していく方法です。実際に目で確認しながらの施術になるので、取り残しなどが少なくかなり高い確率で汗腺を除去することができます。ただし傷跡は残りますが、わきの下のシワにそってメスを入れなるべく目立ちにくいようにはします。以上のように、わきがの治療法にも様々な方法がありますが、時間や手間そして費用も様々です。自分がどうしたいのか、自分に合った方法は何なのかをじっくり考えて行動することが必要です。つらいにおいの悩みとさよならできるといいですよね。