遺伝以外でもわきがになる|生活習慣に問題がある

婦人

わきの臭いと防ぐためには

脇を触る人

わきの臭いとは

体臭は誰にでもあるもので、個人によってその臭いの程度も異なってきます。しかし、時にその臭いがひどい場合には周囲への悪影響を及ぼすことになります。その悪影響を及ぼす体臭のひとつがわきがです。わきがはわきから発生する臭いのことですが、その中でも不快な臭いとなり周囲に悪影響を及ぼすものを指し、腋臭症とも呼ばれ治療の対象となります。そもそもわきは、身体の中でも比較的、長時間にわたって、皮膚と皮膚が接触している部分になり、またわき毛が生えており、汗腺の一種であるアポクリン腺から汗が分泌されるため、蒸れやすい場所となっています。高温多湿の場所では細菌が繁殖しやすくなり、この結果、細菌が皮脂や汗を分解する過程で強い臭いを発することになります。もちろん、どのような人でもわきには独特のにおいがあり、その人の個体を識別するためのものや異性を惹きつけるための役割を果たしていますが、そのにおいがひどい場合には周囲に悪影響をもたらすようになり、それがわきがと呼ばれるものになります。わきがの臭いには個人差があり、人によっては香辛料や食材の臭いがするようです。これを改善するためには美容整形外科で治療を行うといいでしょう。最近人気になっている治療法としてはボトックス注射があり、これは手術跡が残りずらく、さらに安価で治療をすませることができる点が魅力です。また、超音波治療を実施しているクリニックも多く、短時間で施術が終了する点が話題となっています。においの種類のほかその及ぶ範囲もまた個人差がありますが、いずれにしてもわきを露出するような状態や密閉された空間においては、そのにおいがわかりやすくなるため、周囲への悪影響が出やすくなります。このため集団の中においては、わきがであることが大きな問題になる場合があります。

改善方法の注意点

わきがは重度の場合には腋臭症として病院で治療することが可能ですが、日頃のケアでも十分にそのにおいの発生を抑えることができます。わきのにおいの原因は、常在細菌によるもので、常在細菌の繁殖を防ぐことでにおいの発生を軽減することができます。このためもっとも手軽で行えるものとしては、わき毛を処理することです。わきであればカミソリで剃ることができますし、わき毛を脱毛してしまう方法も可能です。ただしわきは皮膚と皮膚が絶えず重なる場所であり、こすれる場所であるので、皮膚を傷めるリスクがあります。またわき毛を処理し、アルコール消毒や制汗剤を用いる方法でより効果を高めることができます。アルコール消毒では常在細菌を殺菌することができるので一定の時間はにおいの発生を抑えることができます。また制汗剤では、アルコール消毒に加えて汗の分泌を抑えることができるので、より効率よくにおいの発生を抑えることができます。一方で本格的な治療法としては、アポクリン汗腺を除去する方法があります。特に皮膚を裏返してアポクリン腺をはさみで取り除く剪除法は健康保険の適用を受けることができます。ただ切開をともなうため傷跡が残るリスクがありますし取り残しがあれば効果が出ない可能性があります。剪除法以外では吸引装置を使って吸引する方法や、皮膚をまるごと切除法する方法、またマイクロウェーブによって汗腺を破壊する方法などがありますが、いずれも取り残しのリスクがあります。近年の新しい治療としては、ボトックス注射があり、ボトックスをわきに注入することで発汗を抑える効果を得ることができ、これによりわきがの状態を改善します。効果は3ヶ月から半年程度ですが、殺菌をするよりも期間が長く、また切開を伴わないので安全です。