遺伝以外でもわきがになる|生活習慣に問題がある

婦人

わきの臭いをなくすには

レーザー

何科を受診すればよいのか

わきの下から発生する独特の臭いが気になって、人前で自然にふるまうことができなくなってしまう人がたまにいます。このような症状をわきがと呼びますが、医療機関を受診して適切な治療を受ければ、気になる症状をなくすことができます。臭いをなくすためには何科を受診すればよいのかわからないという人が少なくありませんが、皮膚科や形成外科、美容外科などで治療を受けることができます。内服薬や外用剤を用いた薬物療法もありますが、一番効果が高いのはやはり外科手術です。ですので、皮膚科を受診する場合は、形成外科や美容外科を標榜している皮膚科を選ぶようにした方がよいです。医療機関を受診する際に気になってくるのが、費用の問題です。わきが治療の方法は様々ですが、保険が適用されるものとされないものがありますので、注意する必要があります。保険診療を行っているのは、一般皮膚科や形成外科です。どのような方法で治療するかによってかかる費用が微妙に変わってきますが、直視下剪除法によるわきが手術を受けた場合でも、術後の投薬代込みで2〜3万円前後の費用負担で済ませられる可能性が高いです。ですので、あまり高額の費用をかけずにわきがを治したいと望んでいる人は、一般皮膚科や形成外科を受診するとよいです。一方、美容外科は審美面を重視した治療を行っていますので、保険が効かない自由診療扱いになっています。保険診療を行っている美容外科クリニックも皆無ではありませんが、全体から見るとごく一部に限られています。したがって、美容外科でわきが治療を受ける場合は費用全額を自己負担することになると認識しておく必要があります。

美容外科が人気です

先程、美容外科でわきが手術を受けると一定の治療費は必要になると書きましたが、それにもかかわらず、美容外科でわきがを治す人が増加してきています。整形に対して関心が薄い方は、費用を支払ってまで美容外科を利用することに疑問に感じるかもしれません。しかし、たとえ費用を支払っても、それだけの価値がある質の高い治療やサービスを受けることができるからです。わきがを治す場合に限らず、保険診療の場合は、使用する薬剤の種類や治療方法、通院回数などが、全て事細かに決められています。もう少し時間をかけて治療することができればもっとキチンと症状を改善することができるのにと医師が内心で思っていたとしても、それを実行に移すことはできません。なぜかというと、患者の自分で負担する分との差額が国庫から支払われることになっているためです。簡単に言うと国民の血税が使われるわけですから、贅沢は認められません。現在の医療水準からみて必要最小限と思われる治療にしか、保険が適用されないことになっています。そのため、手術痕の処置などは、どうしても二の次になってしまいます。少し乱暴な言い方をすると、見た目がどうのこうのという問題よりも、臭いの発生を抑えることが最優先されるのが皮膚科や形成外科のわきが治療です。しかし、現実的なことを考えると、たとえわきがの臭いをなくすことができたとしても、わきの下に目立つ傷跡が残っていれば、別の悩みを抱え込んでしまうことになります。でも、美容外科を利用すれば、保険診療の縛りを一切受けない丁寧なわきが治療を受けることができます。そのため、一定のクオリティが保証された施術を多くの方が受けることができるのです。